« [2017台北]中華電信SIMカード契約 | トップページ | SIMフリースマホについて »

2017年7月 3日 (月)

[2017台北]悠遊卡(Easy Card)

 海外旅行では鉄道に乗る機会が多いので、毎回旅行先の鉄道のICカード乗車券を購入しています。今回の台湾旅行でも購入してみましたのでその記録を残しておきます。

 旅行前に調べた感じでは、MRTの駅インフォメーションか、券売機で購入できるようでした。カードの購入に100T$、運賃としてチャージができるというもので、Suicaとほとんど同じでした。

09_01_mrt_
09_02_mrt_
09_03_mrt_
 台北松山空港に到着し、地下の松山機場駅まで降りて行き、まず券売機が目に入りましたが、いまいちどうやって買うのか分からず券売機で購入することは断念。次にインフォメーションを探して、インフォメーションの方に身振りを交えてEasy Cardが欲しい旨を伝えると「チャージ額は?」と聞かれたので、500T$をチャージしてもらいました。

 中山駅を中心に3泊4日でMRT主体で動いたのですが、歩きも多かったこともあり、トータルで220T$程度でしたのでチャージ額は300T$でもよかったのかもしれません。

 旅程の関係で、バスやタクシーで使う場面が全くなかったのですが、多分Easy Cardの便利さの真価を発揮するのはバスなのではないかと思います。またコンビニの支払いでも使用できるようですがこちらは試す機会がありませんでした。

 駅のチャージ機の使い方としてはSuicaと同様にチャージすることができるのですが、手元にあるどうにも使いづらい小銭(合計43T$)を最終日にチャージしました。

 帰国後、iPadに「Easy Wallet」をインストールして、ICカード裏面の番号を登録することで、利用履歴を閲覧することができるようになります。改札を入った時刻は記録されないものの、改札を出た記録は参照できるので、旅程を振り返るにはともて便利です。
------------------------------------
機種  :iPad
アプリ名:「Easy Wallet」
お薦め度:★★★★☆
------------------------------------
 ICカードは払い戻しもできるようですが、海外旅行でゲットしたICカードを集めているので、残額はもったいないとは思いつつも払い戻しせずに帰国しました。逆にそのお陰で、上記のアプリで履歴が観れたので結果的に良かったのかと思います。払い戻しを前提とするならば、アプリのスクリーンショットを残しておくとよいかと思います。

« [2017台北]中華電信SIMカード契約 | トップページ | SIMフリースマホについて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006406/71032140

この記事へのトラックバック一覧です: [2017台北]悠遊卡(Easy Card):

« [2017台北]中華電信SIMカード契約 | トップページ | SIMフリースマホについて »