« [2017台北]アート・サブカル・書店 | トップページ | [2017台北]悠遊卡(Easy Card) »

2017年7月 3日 (月)

[2017台北]中華電信SIMカード契約

07_01_
 今回の台湾旅行に際して、現地での連絡手段(通話)を確保しつつ、普段使用している端末でのネット利用をするために、SIMフリースマホ+中華電信プリペイドSIMを組み合わせてテザリングによるモバイルルータ化を旅行前に考えました。

 出国前に調べて、中華電信のLTEはバンド3と8を使用しているということで、「g06」でバンド3が使えることは確認していました。この「g06」は実売価格が1万円を切るほどの低価格なわりに、通話とデザリングに割り切れば十分に使える機種で、2016年11月のオーストラリア旅行でも過不足なく使えていました。しかも使用方法を割り切ると、小さいサイズであることが利点です。

https://product.goo.ne.jp/smartphone/g06/

旅行前の準備として、「g06」を初期化してから自宅wifi接続で各種の初期設定を行いました。主用途がテザリングなのでGmail、Twiiter、google翻訳、台北地下鉄路線図などの最低限のアプリをインストールしました。自宅wifi接続で十分に使えることが確認できたら、自宅出発前に言語設定を「英語モード」に変更してからしてシャットダウンしました。また、日本国内で普段使用しているスマホ(Xperia)とiPadは、データローミングを切り、wifiだけ有効にした状態にしてから機内モードに変更して、航空機の機内へ持ち込みました。
07_02_
 台湾(台北松山空港)へ到着して、到着ロビー目の前の中華電信のカウンターに直行しました。契約したい旨を伝えると、番号札と料金表をいただき呼び出されるまでカウンター前のソファで待つことに。自分の順番が来たらカウンターに出向いて、スマホを出しつつ5日間500T$(300T$通話分含む)をお願いしました。書類への名前の記入と同時にパスポートの提示が必要でした。通話とネットワークの設定と確認はスタッフがやってくれたので、あとは自分でTwiiterが正しく表示できるか最終確認をして、現金で500T$を支払って終了です。

 結局、カウンターに到着してから待ち時間をあわせて大体20分くらいかかりました。また、今回の旅程が3日(72時間)でギリギリ収まらないのは分かっていたので余裕をみて5日契約にしましたが、通話分についてはほとんど使用しなかった&通話料がとても安いので結果論としては5日間300T$(50T$通話分含む)でもよかったです。

 このスマホでテザリングができるようになるってからXperiaとiPadの設定を変更してg06をモバイルルータ代わりに使用できるようにしました。Xperiaは普段使いの端末のため、Twitterやfacebookの投稿・閲覧、通常メールの受信などコミュニケーションツールとして使用しつつカメラでも撮影していました。iPadは地図と地下鉄路線図を見ることと暗い場所での撮影にも使用しました。
07_03_usb
 g06は、モバイルルータ用途であれば1日の外出にちょっと足りないバッテリー量なので安全をみてモバイルバッテリーは必須です。今回の旅程では1回だけ使いました。またそのような理由から、ホテルに戻ってきたらちょっとの時間でも充電する必要があります。今回も携行した「Anker PowerPort 4」は、AC 100-240V対応しているためどの国でも使えるし、4ポートの急速充電対応しているのでかなり便利です。誤算だったのは、充電用のケーブルが短かくて充電時の置き場所に困ったことくらいです(50cm以上あるとよいです)。ただ、g06がMicroUSB、XpeiraがUSB Type-C、iPadがThunderboltとコネクタ形状が統一できないのが不便でした。

https://jp.anker.com/products/A2142122

« [2017台北]アート・サブカル・書店 | トップページ | [2017台北]悠遊卡(Easy Card) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006406/71032131

この記事へのトラックバック一覧です: [2017台北]中華電信SIMカード契約:

« [2017台北]アート・サブカル・書店 | トップページ | [2017台北]悠遊卡(Easy Card) »